カテゴリー
DUGAのエロ動画レビュー

【樹花凜】エロドラマ – 『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜

『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜

柔肌に食い込む荒縄の快楽と腿に食い込む重しの疼痛!父亡き後、母の手一つで育てられた花凛。

苦労した母の再婚後、義父と三人で幸せに暮らしていた。

ある日母親が心臓発作で急逝し、悲しみに暮れる義父。

母の遺品を整理していて偶然見つけた日記には、義父と母のSM関係が書かれていた…。

そして、花凜を奴隷として差し出すと誓ったことを知ることとなる…。

「『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜」の本編動画はこちらから

女優名: 樹花凜

魁監督らしい

縛りの美学や責めの美しさといった魁氏らしい演出だけど、展開が冗長に過ぎたり、責めに残虐性とか無残さといった要素が少ない。

これは、ストーリー重視で、最初の展開などはドラマを見ているかのようだった。

まあ、映像的には美しいし、古典的な責めは楽しめるので、そういうファンにはいい作品だと思う。

美しい映像でいい

樹花凜に縄模様や三角木馬、拷問器具、蝋と見ていてすごくいい。

樹花凜の表情や母の日記との連想もあり、ドラマ仕立てで進むのも綺麗な映像でいい感じです。

ただ、何かが足りない感じがある。

ゆっくりとした時に見るのがいいかな。

エロドラマ

樹花凜(七咲楓花)は、その美形な外見にもかかわらず、受け、責め、やハードなスカトロ、はたまた戦隊モノまで幅広い役柄を数多くこなしている。

演技が上手いのもあるが、表情の造形が非常に分かりやすいのが重宝されるのだろう。

特に嫌がる表情は、一度見たら忘れられないインパクトを持っている。

本作のような縛りの出演も数あるが、スレンダー過ぎない、程良く絞られた肉体が縄で固められ吊り下げられる姿は、ベルメールの球体間接を彷彿とさせる美しさを湛えている。

ナレーションや小道具もドラマ仕立てになっていて、ある種の重暗さを響かせるが、フェラやSEXシーンはあまりドロドロしていない。

抜くには、背徳と情欲が物足りないだろう。

「『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜」の本編動画はこちらから